• シン・ゴジラ爆地巡礼
    追悼・大杉漣さん、追悼・大河内総理 ”シン・ゴジラ爆地巡礼”特別編
    2018年2月25日
  • 大政奉還150周年
    大政奉還150周年!ゆかりの”人”を巡る旅
    松平容保と京都・金戒光明寺
    2017年11月18日
  • 大政奉還150周年
    大政奉還150周年!ゆかりの人をめぐる旅・後日譚 壬生寺と新撰組
    2018年1月13日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼~鎌倉を北上、破壊神は再び都心を目指す
    2018年1月28日
  • 関東以外ぶら歩き
    会津探訪のたび[後編] 茅葺屋根の街並み"大内宿"と断崖の絶景"塔のへつり"
    2017年11月5日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 ゴジラ第3形態が発現!そこはゴジラの聖地…
    2018年1月7日
  • 東京福めぐり
    八社開運さんぽの旅をふり返る ”館長ふゆきの東京福めぐり”
    2018年2月24日
  • 大政奉還150周年
    大政奉還150周年!ゆかりの”人”を巡る旅【最終回】坂本龍馬と京都霊山護国神社
    2017年12月10日
  • 東京福めぐり
    東京福めぐりフィナーレ!ビルの谷間で神様に出会う?福徳神社
    2018年2月17日
  • 東京福めぐり
    隅田川ウォークから浅草神社へ 東京福めぐり”浅草神社”
    2018年2月11日
  • 東京ぶら歩き
    祝「シン・ゴジラ」地上波初放送!一足先に世界初のゴジラ公式ショップ「ゴジラ・ストア」へ!
    2017年11月11日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 前半最大の山場、八ツ山橋跨線橋・品川決戦!
    2018年1月14日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 ゴジラ再び!破壊の龍神が湘南の海に来襲
    2018年1月21日
  • 大政奉還150周年
    大政奉還150周年!ゆかりの”人”を巡る旅 
    板垣退助と品川神社
    2017年11月25日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 再び品川そして赤坂、新橋へ 熱線放射はここで!?
    2018年2月18日
  • 東京ぶら歩き
    紅葉もゆる新宿御苑、晩秋あるいは初冬の散歩道
    2017年12月9日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 
    海老取川・呑川を遡上して蒲田に上陸
    2017年12月3日
  • 東京福めぐり
    東京福めぐり"烏森神社" カラフルな御朱印とおみくじに開運願い
    2017年12月23日
続・両国街あるき。勝海舟と芥川龍之介も暮らした街。ゆかりの地はいま?

両国街あるき、実は、まだまだ「夢中」ポイントがあったんです。

当時の86分の1スケールの吉良邸跡を訪問した後、さらに近隣をぶら歩きすると、
この吉良邸跡の近くには、ほかにも偉人の史跡がありました。

■勝海舟 生誕の地

まずは、勝海舟の生誕の地。

いまは公園になっていて、子供たちがにぎやかに走り回っていました。

【勝海舟生誕の地】

そういえば、スカイツリーのたもと、墨田区役所の広場に格好良い勝海舟の銅像がありましたが、
墨田区両国の生まれだったからなんですね。
たしかに、勝海舟には、べらんめえ調の江戸っ子のイメージがあります。

ちなみに、勝海舟(かつ かいしゅう)は、幼名・通称を麟太郎(りんたろう)といいます。
幕末・維新期に活躍した幕臣で、江戸の無血開城を成し遂げました。
坂本竜馬のお師匠さんとして有名ですね。

【勝海舟生誕の地の碑】

■芥川龍之介 生育の地

そしてもう一人。
ここ両国は、文学の偉人、芥川龍之介の「生育」の地でもありました。

彼が生まれたのは現中央区明石町でしたが、生母が病気のため、
こちら両国に住む伯父の芥川家の養子となりました。

ちなみに、実父の苗字は「新原」。
時代が時代であれば、新原龍之介として文学界デビューしていたかもしれません。
そしたら、ピース又吉も「新原賞作家」。なんか微妙。。。

龍之介は、生後7ヶ月から19歳まで、こちら両国で住ごしました。
多感な時期を江戸情緒あふれるこの界隈で過ごしたことは、彼の作品にも影響を及ぼしたんでしょう。
ひとの心の奥底に訴えかける作品が多いですものね。

ただ、そんな彼の「生育の地」ですが、いまは雑居ビル。ちょっとさみしい感じがします。

【芥川龍之介 生育の地】

彼が通った両国小学校には文学の碑があります。
碑を覆う木は夏みかん(?)でしょうか。少し文学的ですね。。。

【芥川龍之介 文学碑】

image

ここ両国は、街あるきの穴場かもしれません。興味深いスポットが点在しています。

江戸の情緒をたのしみながらの街あるき。
勝海舟か、芥川龍之介の気分で、ぶらり散歩といきましょうか!
(赤穂浪士の気分はちょっとイヤだな…。)

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事