こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、「君の名は。」DVDリリース記念、名場面の「聖地巡礼」です。


君の名は。

■聖地巡礼

「聖地巡礼」。
映画やドラマの撮影地を訪ねることを、宗教上のゆかりの地を礼拝するたびになぞらえて、俗に「聖地巡礼」と呼びます。

こうした聖地巡礼は以前からありましたが、最近になって脚光を浴びたのは、新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」が大ヒットしてから。
この作品の舞台となった、東京都内や飛騨地方のスポットが「聖地」となり、たくさんのファンが足を運びました。

かく言う私も、映画「君の名は。」の世界に魅入られた一人。
待ちに待った「君の名は。」のDVDを手に入れて、あらためてその世界観に惹きこまれると、居ても立ってもいられず、ゆかりの地=聖地に出かけることとしました。

■名場面

まずは、新宿警察署前交差点。
映画ではオープニングで使われていましたね。


(ふゆき撮影)


(君の名は。)

つづいて、信濃町駅前の歩道橋。
ここで、主人公の瀧がスマホを片手にたたずむシーンは、名場面の一つですね。


(ふゆき撮影)


(君の名は。)

同じく信濃町駅前から眺めた新宿遠景。ドコモタワーが見えます。
新海誠監督作品の特徴である精緻な描写に、あらためて感動します。


(ふゆき撮影)


(君の名は。)

そして最後に、四谷須賀神社。
日本のアニメ史上に残る名場面。胸アツです。


(ふゆき撮影)

(君の名は。)

■四谷須賀神社

「君の名は。」ファンの多くが訪れた、もしくは訪れたいと思っているであろう「四谷須賀神社」。
この映画でとり上げられる前は、ほとんど知られていなかったのではないでしょうか。もちろん、私も今回、はじめて訪れました。

四ッ谷駅から歩いて10分ほど、有名な石段の先にある神社は、こんなところでした。

東京都新宿区須賀町に鎮座する神社です。
創建は江戸初期。江戸城外堀の普請のために、赤坂にあった稲荷神社を四谷の地に遷座したことが始まりと言われています。

社名の「須賀」とは、主祭神であるスサノオノミコトがヤマタノオロチを討ちとったときに「心須賀、須賀し」(こころすがすがし)と宣言したことから、その名を冠しているのだそうです。

荘厳な社殿は、昭和末期に大改修工事が行なわれ、平成元年に落成したものです。

社宝として、三十六歌仙の絵があります。それぞれの歌人の肖像画に代表作一首を書き添えたもの。眺めているだけで時を忘れます。

神社という場所がら、もう一人の主人公、三葉を思い浮かべずにはいられません。※三葉の実家は神社です。
ここ、四谷須賀神社という聖地で、瀧と三葉、2人の出逢いに思いを馳せるのでした…。

「君の名は。」DVD発売を機に、再びこうした作品の舞台をまわる「聖地巡礼」が盛り上がるかもしれませんね。
ありがとう、「君の名は。」! 祝、「君の名は。」DVDリリース!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事