QUEEN’S ISETANが変わった!生鮮に加えて「時間」を売る次世代型スーパーへの挑戦。アトレ品川「FOOD&TIME ISETAN」を歩く。

今回の「夢中」は、2016年11月15日にリニューアルオープンした、アトレ品川の「QUEEN’S ISETAN」。
品川駅近接の「アトレ品川」の3階に店を構える高級スーパーが大きく様変わりしました。

■FOOD & TIME ISETAN

その名も「FOOD&TIME ISETAN」。
コンセプトは「食から広がる新しいライフスタイルストア」。
「食」を中心として、さまざまなジャンルの店が出店し、そこはもはやスーパーではない。

フロアは、4つの異なるゾーンからつくられています。
「嗜む」ゾーンは、「ちょっとお洒落に、ちょっと気楽に」をテーマに、世界各地から厳選したリカー、菓子を取り揃えるほか、その場でちょっと飲めるようにワインバーを併設。

「作る」ゾーンは、青果、畜産、水産など、これまでのスーパーに最も近い生鮮ゾーン。でも恰幅の良いコック(?)が実演販売するなど、アクセントが効いている感じです。

「食べる」ゾーンは、ベーカリーやサラダバー、寿司やビアバーなど7店が出店するフードコート。これまでのスーパーには見られないゾーンです。私が行ったときは、「グズマン・イー・ゴメス」というメキシカンがにぎわってました。

4つめは「過ごす・暮らす・学ぶ」ゾーン。これもこれまでのスーパーの範疇を越えていますね。カフェや雑貨、書籍が店を連ねます。

特にカフェは、あの「ブルーボトルコーヒー」が出店!ほのかにコーヒーの良い香りが漂います。

■「TIME」を売る

そこは、駅ナカややららぽーとのような、旬な店を揃えたショッピングゾーン。
これまでのQUEEN’Sのスペースは半分以下。
もはや商品を売るだけでは、お客様のニーズに応えられないということなんでしょうね。
その名の通り、「FOOD」だけでなく「TIME」を売る。
次世代型のスーパーという業態に挑戦しているのかもしれません。

ちょっと心配なのは、大家の下に大家が入っているような感じになっていること。
そもそもどんな店をどこに配置するのかは、ほんとうは大家であるアトレの仕事なのでしょうね。
アトレ品川は書籍なんかがダブらないからいいけど、フードコートはレストランフロアとうまくすみ分けしないといけないだろうなと、余計な心配をしちゃいました。

そうした課題は「知ってるよ!」と言わんばかりに、目新しい店舗群がそろっていますから、当分の間はそれこそ新しい「TIME」を楽しめそう。
毎日の買い物で利用する奥様方はちょっとしたティータイムに、仕事中のビジネスマンにとっては新たなランチ&休憩スポットができたという感じですかね。

「モノ」消費から「コト」消費へ。
そんな新しい流れを感じる、リニューアルなのでした。
新たな「TIME」をありがとう、ISETAN!

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


徒歩の旅ランキング