こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、川崎が沖縄に染まるイベント「川崎はいさいFESTA2018」です。

■川崎はいさいFESTA2018

「川崎はいさいFESTA2018」。
関東で最大級といわれる「沖縄」をテーマにしたイベントです。

ゴールデンウィークの開催期間中、会場の川崎ラチッタデッラが沖縄と化します。
チネチッタ通りは沖縄のフードや物販の屋台が並び、さながらミニ国際通りです。

沖縄そばとかゴーヤーチャンプルーとか定番のほかにも、石垣牛シュラスコとか琉球からあげとかはじめて見る料理も。
この前、銀座にある沖縄のアンテナショップに行ったばかりなのになぁ。奥が深いな、沖縄。

(明るく撮影に応じてくれた店員さん)

沖縄の文化を体験できるワークショップもあります。
シーサー色塗り教室とか、マリンアクセサリー体験とか、沖縄の名産品を手作りできるはうれしいですね。
個人的には三線教室(500円)に惹かれました。「涙そうそう」が弾けるようになるんだって。三線、欲しくなりそう…。

■エイサー祭り

さらに、沖縄民謡などの沖縄の音楽を満喫できるイベントが盛りだくさん。
クラブチッタで、かりゆし58や宮沢和史さんらが出演する音楽祭が開催されています。

この音楽祭はさすがに有料ですが、噴水広場等で野外フリーライブも行われています。
残念ながら知らないアーティストたちですが、沖縄気分が十分に盛り上がります。
…ついでに、オリオンビールの消費も一気に進みます(苦笑)。

そして、最大の見どころは、エイサーでしょう。
今年は関東近郊の選りすぐりのエイサー団体が集結する「エイサー祭り」を初開催。

演舞会場に次々に登場して、自慢のエイサーを披露してくれました。

観客には沖縄の人もいるみたい。エイサーの演舞に合わせて、一緒に踊ったり、口笛を吹いたり、おのおの楽しんでました。
こんなピースフルな雰囲気も沖縄らしいよね。

最後は本場沖縄から参戦のエイサー団体が登場し、観客入り乱れて大カチャーシー!‥だったのだとか。
あまりの暑さと、オリオンビールの大量摂取のため、残念ながら最後までもちませんでした…(苦笑)。

関東にいながら沖縄旅行の気分が味わえるこのイベントは、今年で15周年。
15周年を記念して、屋台出店数や会場規模を拡大して開催したんだそうです。どおりでラチッタデッラが沖縄一色になってるわけだ…。

こんなピースフルな雰囲気はとっても気持ちがいいです。16年目以降も、これくらいの規模でやってくれないかしら。
ありがとう、川崎はいさいFESTA2018! ありがとう、沖縄!

 

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事