こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り、表参道から新潟へプチ旅行です。

■ご当地アンテナショップ巡り

東京にいながらにして、あの地この地を旅しちゃおう!…いや、旅した気分になっちゃおう!
…という、壮大にして少しけち臭い企画、これが新企画「東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り」です。

今回は、若者でにぎわう表参道の街に、ご当地アンテナショップがあることを発見。
場所は表参道ヒルズのすぐ隣り。こんなところにアンテナショップがあるんですね。
そこは新潟のアンテナショップ。表参道から新潟の新鮮情報を発信する「表参道・新潟館ネスパス」です。

全国を旅するのはなかなかできないけど、東京にあるご当地アンテナショップなら旅することができる。
それでは、今日は、表参道から新潟に旅にでかけましょう。

■新潟県あれこれ

さてさて、新潟に旅した気分になるにあたって、新潟県の基本的なデータを見てみましょう。
※参考:「よくわかる都道府県」(日本博識研究所)2017年1月第5刷

人口は2,330千人(全国14位)。面積は12,583K㎡(5位)。
特産物は、日本酒(生産量全国3位)、ナメコ(全国1位)、アゼリア(1位)、枝豆(3位)など。

「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」で知られる、小説「雪国」の舞台・新潟。
ウィンタースポーツも盛んで、苗場や湯沢など有数のスキー場を数多く抱えています。
米どころでもあり、米菓も多数。柿の種は新潟県で生まれたもの。笹だんごやちまき、日本酒など米由来の名産品も多いですね。

■表参道・新潟館ネスパス

それでは、トンネルではなく、原宿竹下通りを抜けて、表参道へ。
休日の表参道は、ひと、ひと、ひと…。人に流されるがままに、ようやくたどり着きました表参道ヒルズ。
そのすぐ隣り、大通りから一本裏手の小道に目指すご当地ショップ「表参道・新潟館ネスパス」はありました。

「N’ESPACE」(ネスパス)の「N」は新潟/ネットワーク、「ESPACE」はフランス語で空間やスペースを意味します。
ここでは、“食”を中心とした新潟県産品の販売・イベント、観光情報、Uターン就職情報など、“にいがた”の新鮮情報を発信しています。

店内に入ると、早速ありました。新潟の米菓・銘菓の数々。
柿の種、ばかうけ、サラダホープ…。いま色んな味があるんだよね。柿の種のチョコ味なんて、意外においしいですよね。

そして日本酒、笹だんご。これら名産品を生み出す米。新潟はやっぱり、こしひかりですよね。

このところ、ご当地ショップめぐりをしていると、必ず出会うのがご当地キャラ。
新潟はこのひと「レルヒさん」。日本ではじめて本格的なスキー指導を行った人物をもとにしたゆるキャラですね。
レルヒさんグッズも若干売っています。目を引いたのはレルヒさん納豆…。あまり縁がなさそうだけどね。。。

■今日の一品

これだけ豊富な新潟の銘菓・名産品の中から、個人的な興味かつその日の気分で選んだ「今日の一品」がこちら。
「ヤスダヨーグルト」です。

新潟県安田町(現阿賀野市)に本拠を構えるヤスダヨーグルト。
その特徴は「生乳」へのこだわり。ヤスダヨーグルトは、原材料に「生乳」と呼ばれる搾りたての牛の乳を使ってつくられます。
「生乳」は、人間にとって必要な栄養素を全て含んでいる「完全栄養食品」。良質なたんぱく質やビタミンA・B2、カルシウム成分が豊富に含まれています。
そのたくさんの栄養素は、そのまま加工されおいしいヨーグルトになります。ヤスダヨーグルト、結構ファンも多いですよね。

さっそくいただきます。
ほぉーっ。なんとも濃厚でありながらまろやか。やさしい味わいです。
なんでも、新潟特産「20世紀梨」をヒントにした甘味を加えることで、ヨーグルト特有の酸味とマッチして、どこも真似できないフレッシュなコクが生まれているのだとか。

なんだろう、この懐かしさは。自然本来のおいしさを身体が喜んでいるよう。
シンプルなデザインもいいですよね。なんの飾りも必要ない美味しさ、ヤスダヨーグルト。新潟って、本当に食に恵まれてますね。

いやぁ、今日もたっぷりと新潟を堪能しました。
ありがとう、新潟! ありがとう、ヤスダヨーグルト!

■基本情報

名称:表参道・新潟館ネスパス
住所:東京都渋谷区神宮前4‐11‐7

アクセス:メトロ表参道駅徒歩1分、JR原宿駅徒歩10分
営業時間:(物販)10:30~19:30
定休日:無休

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事