• 関東以外ぶら歩き
    会津探訪のたび[前編] 白虎隊に想いを馳せて、飯盛山と鶴ヶ城
    2017年11月4日
  • 東京ぶら歩き
    祝「シン・ゴジラ」地上波初放送!一足先に世界初のゴジラ公式ショップ「ゴジラ・ストア」へ!
    2017年11月11日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 再び品川そして赤坂、新橋へ 熱線放射はここで!?
    2018年2月18日
  • 大政奉還150周年
    大政奉還150周年!ゆかりの"人"を巡る旅 
    伊藤博文と西大井墓所
    2017年11月12日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 
    謎の巨大生物は羽田沖から多摩川河口へ
    2017年11月26日
  • 大政奉還150周年
    大政奉還150周年!ゆかりの”人”を巡る旅【最終回】坂本龍馬と京都霊山護国神社
    2017年12月10日
  • 関東以外ぶら歩き
    初冬の北海道旅行!札幌グルメと大倉山展望台
    2017年12月16日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼~鎌倉を北上、破壊神は再び都心を目指す
    2018年1月28日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 ゴジラ再び!破壊の龍神が湘南の海に来襲
    2018年1月21日
  • 東京福めぐり
    隅田川ウォークから浅草神社へ 東京福めぐり”浅草神社”
    2018年2月11日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 前半最大の山場、八ツ山橋跨線橋・品川決戦!
    2018年1月14日
  • 大政奉還150周年
    大政奉還150周年!ゆかりの人をめぐる旅・後日譚 壬生寺と新撰組
    2018年1月13日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 
    海老取川・呑川を遡上して蒲田に上陸
    2017年12月3日
  • 東京ぶら歩き
    紅葉もゆる新宿御苑、晩秋あるいは初冬の散歩道
    2017年12月9日
  • シン・ゴジラ爆地巡礼
    シン・ゴジラ爆地巡礼 ゴジラ第3形態が発現!そこはゴジラの聖地…
    2018年1月7日
  • 東京ぶら歩き
    凶を吉に替えましょう!開運招福の"鷽(うそ)替え神事"湯島天神にて
    2018年1月27日
  • 大政奉還150周年
    大政奉還150周年!ゆかりの”人”を巡る旅
    松平容保と京都・金戒光明寺
    2017年11月18日
  • 関東以外ぶら歩き
    会津探訪のたび[後編] 茅葺屋根の街並み"大内宿"と断崖の絶景"塔のへつり"
    2017年11月5日
ワールドベースボールクラシック(WBC)2次ラウンド初戦突破!死闘の陰にWBCならではの不思議あり。国をかけて戦う選手たちに「元気玉」を送ろう!

ワールドベースボールクラシック(WBC)2次ラウンド、日本ーオランダ戦。

白熱の試合は、延長11回のタイブレイクまでもつれ込む大接戦の末、侍ジャパンが勝利を収めました。

もうヘトヘトです。
何しろこちとら、その前のイスラエルーキューバ戦から観戦してるんだから。

試合にもしびれましたが、足も尻もしびれました。
ずーっと、硬くて狭いシートに座ってたから、軽いエコノミー症候群みたいな感じ?
でも勝ったから、良かった良かった。

その白熱の日本ーオランダ戦の詳細は、テレビのニュースやスポーツ新聞で見てもらうとして、今回の「夢中」は、WBCならではの野球観戦の不思議。

それは、日本が守備についているときの、スタンドを埋める観客たちの不思議な一体感。

ピンチになると、誰からともなく、スタンドから声援が飛びます。
「がんばれー」「いいぞー」「がんばって!」
そのエールに同意を示すかのように、その後、スタンド全体が拍手に包まれます。

千賀がピンチのとき、松井のカウントが悪くなったとき、そして則本を後押しするように、スタンドから声援が飛びました。
これって、選手たちにとってすごい力になってるんじゃないかな。

普段のプロ野球では味わえない雰囲気です。
なぜって?
普通は、両チームの応援団が詰めかけているから、自チームが守備のときは、相手チームがどんちゃん騒いでいます。
あくまで主役は攻撃側。守備にかける声なんかかき消されちゃうし、スタンドが一体になるなんてない。
これって、WBCの、しかもホームゲーム(圧倒的な)ならではだよね。

そんな声援に、特に力をつけられたのはピッチャー秋吉かも。
7回二死一塁の場面でリリーフ登板。
相手は3回に特大ホームランを放っている、オランダの四番バレンティン。

両者、ヤクルトで同僚なんですよね。
「チームメイトだけど今は敵。めっちゃ投げにくかった」と複雑な心境を明かした秋吉。
会場の大声援に後押しされて、チェンジアップで見事に三振をとりました。

ヤクルトの主砲とリリーフエースというチームメイト同士の国をかけた真剣勝負。
大歓声がスタンドを包むなか、2人の「やり切った」と言わんばかりの笑顔が印象的でした。

やっぱり野球っていいですね。
侍ジャパンの選手たちも、想像以上に国を背負うプレッシャーが強いと思います。
普段のピッチングとちょっと違うもんね。

だから、僕らもプレッシャーをかけるんじゃなくて、「元気玉」をあげるつもりで声援を送り続けられたらいいと思います。

まだまだ厳しい戦いは続きます。
がんばれ、侍ジャパン!次も精一杯の「元気玉」を送ります!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事