こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り、長州維新のふるさと、山口へプチ旅行です。

■ご当地アンテナショップ巡り

東京にいながらにして、あの地この地を旅しちゃおう!…いや、旅した気分になっちゃおう!
…という、壮大にして少しけち臭い企画、これが新企画「東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り」です。

今日は、明治維新で数々の志士を生んだ長州藩、山口のご当地アンテナショップにでかけます。

場所は日本橋。東京駅にも程近いところビルの1階に山口のアンテナショップがありました。
以前紹介した山梨のアンテナショップと同じビルに入っています。これはハシゴしちゃいますね。

全国を旅するのはなかなかできないけど、東京にあるご当地アンテナショップなら旅することができる。
今日は、維新の立役者、長州藩・山口へ、ご当地アンテナショップを通じて、ぶらり旅にでかけましょう!

■山口県あれこれ

さてさて、山口に旅した気分になるにあたって、山口県の基本的なデータを見てみましょう。
※参考:「よくわかる都道府県」(日本博識研究所)2017年1月第5刷

人口は1,420千人(全国25位)。面積は6,114K㎡(23位)。
特産物は、フグ(漁獲量全国5位)、サザエ(2位)、レンコン(生産量全国5位)、竹材(4位)など。

(写真はイメージです)

山口といえば長州藩。吉田松陰や高杉晋作など、維新の英雄を数多く輩出してきました。
初代総理大臣・伊藤博文も長州出身。何かと騒々しい安倍首相も山口出身です。
食は下関のフグが有名。夏みかんも特産で、ガードレールが黄色いのはそのせいなんだとか(ほんと?)。

■おいでませ山口館

そんな長州・山口のアンテナショップが、日本橋にある「おいでませ山口館」です。

訪問したこの日は、店の前でご当地グルメの「岩国寿司」が売っていました。
なんですか、この積みあがったケーキみたいな寿司は!美しい押し寿司です。

そして特産の夏みかん。多くの志士たちを生んだ萩産です。彼らも食べたのかしら。

そんな長州の志士たちのグッズもいっぱい。長州ファイブや吉田松陰、高杉晋作らの書籍も。
入り口には桂小五郎(木戸孝允)のポスターもあるし、歴史好きにはたまりません。
 

有名やフグに関連したお土産品も。ふぐ提灯にはちょっと惹かれました。
 

■今日の一品

さて、そんな長州・山口の地産・名産の中から選んだ「今日の一品」がこちら。
和菓子「月まる」です。

「おいでませ山口館」で人気ナンバーワンの逸品。
一つ100円という値段もお土産にはお手ごろですね。

この「月まる」、その生地に特徴があります。
「かすてら饅頭」と冠しているとおり、生地はカステラのように甘くふわふわ。

確かに見た目は、「月まる」の名の通り、まん丸なお月様に見えないでもない。
カステラ生地の中には、北海道産の小豆を使って丁寧に直炊きした粒あん。

この粒あんがほのかな甘さで、結構ぎっしり入っているんだけど、飽きがきません。
どこか懐かしい味。やさしい味わいです。ホットミルクと一緒に食べたくなりました。

維新の志士を生んだ長州・山口。改革の意志を育む故郷には、やさしい食がありました。
ありがとう、おいでませ山口館! ありがとう、月まる!

■基本情報

店名:おいでませ山口館
住所:東京都中央区2-3-4日本橋プラザビル1F

アクセス:メトロ日本橋徒歩2分、JR東京駅八重洲北口徒歩4分
営業時間:10:30~19:00
定休日:無休(年末年始のみ)

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事