こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り、鳥取へプチ旅行です。

■ご当地アンテナショップ巡り

東京にいながらにして、あの地この地を旅しちゃおう!…いや、旅した気分になっちゃおう!
…という、壮大にして少しけち臭い企画、これが新企画「東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り」です。

今日は、新橋にある鳥取のご当地アンテナショップにでかけます。

「とっとり」と「おかやま」の名前が掲げられている通り、鳥取県と岡山県の共同アンテナショップです。
前回は岡山県をとり上げましたので、今回は鳥取県の地産・名産品を物色します。

全国を旅するのはなかなかできないけど、東京にあるご当地アンテナショップなら旅することができる。
今日は、新橋から鳥取へ、ご当地アンテナショップを通じて、ぶらり旅にでかけましょう!

■鳥取県あれこれ

さてさて、鳥取に旅した気分になるにあたって、鳥取県の基本的なデータを見てみましょう。
※参考:「よくわかる都道府県」(日本博識研究所)2017年1月第5刷

人口は578千人(全国47位)。面積は3,507K㎡(41位)。
特産物は、ラッキョウ(生産量全国2位)、ナシ(3位)、カニ(漁獲量全国2位)など。

(鳥取砂丘/写真ACより)

全国47位と、人口が日本一少ない県です。
ただ存在感は十分ありますよね。鳥取砂丘にスナバコーヒー。本家スタバも上陸してコーヒー戦争勃発中?
「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさん、名探偵コナンの「青山剛昌」さんの生誕県。偉大な漫画家を生む土壌ならぬ砂場があるのかもしれません。

■とっとり・おかやま新橋館

それでは、そんな鳥取の地産・名産品を探索しましょう。
場所は、新橋にある「とっとり・おかやま新橋館」。今回はそのうち、鳥取ゾーンをチェックしていきます。

まずはやっぱり出ました、ゲゲゲの鬼太郎。鳥取には水木しげるロードもあるくらい尊敬を集めている巨匠。
特にカレーはおいしそー。実は鳥取県民、カレーが大好きらしく、カレーの消費量も日本一なんだとか。
 

そして、お土産に好適品。「因幡の白兎」と「砂丘」関連のお菓子。
うさぎの形をしたおまんじゅうは何ともかわいらしい。
 

そして海の幸、山の幸も。サバも大山産のハム・ソーセージもお酒に合いそう…。
 

■今日の一品

そんな魅力的な鳥取県の地産・名産品の中から選んだ、今日の一品はこちら。
「らっきょう」です。

鳥取県は日本有数のらっきょうの生産地。
アンテナショップ内もらっきょう推しでした。色んな味があるんですよね、らっきょう漬け。
定番の甘酢から、ピリ辛、ワイン、黒酢、鳥取名産の「梨」なんてのもあります。

その中から選んだのが、スタッフのイチオシという「塩」。

さっそくいただくと…。ポリポリ、パリポリ。
口の中に広がる塩味。シンプルな塩味だから、どんどんいけちゃう。

これはご飯にもお酒に合いますね。
らっきょうは、食物繊維が豊富な、身体にうれしい栄養食品でもあります。
カレー好きの鳥取県民の皆さんは、付け合せにたっぷりと、らっきょうを盛っているのかしら。

ありがとう、鳥取! ありがとう、塩らっきょう!

■基本情報

店名:とっとり・おかやま新橋館
住所:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス1F

アクセス:新橋駅徒歩1分
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休(年末年始のみ休み)  

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事