こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り、九州の宮崎へプチ旅行です。

■ご当地アンテナショップ巡り

東京にいながらにして、あの地この地を旅しちゃおう!…いや、旅した気分になっちゃおう!
…という、壮大にして少しけち臭い企画、これが新企画「東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り」です。

今日は、九州の宮崎のご当地アンテナショップにでかけます。

(宮崎・鬼の洗濯岩/写真ACより)

場所は多くの人が行き交う新宿。JR新宿駅新南口を出てすぐ目の前。
よくこんなところに出店できましたね。賃料高くないのかしら?

全国を旅するのはなかなかできないけど、東京にあるご当地アンテナショップなら旅することができる。
今日は、新宿から宮崎へ、ご当地アンテナショップを通じて、ぶらり旅にでかけましょう!

■宮崎県あれこれ

さてさて、宮崎に旅した気分になるにあたって、宮崎県の基本的なデータを見てみましょう。
※参考:「よくわかる都道府県」(日本博識研究所)2017年1月第5刷

人口は1,120千人(全国36位)。面積は7,736K㎡(14位)。
特産物は、パパイヤ(生産量全国3位)、日向夏(全国1位)、マンゴー(2位)、きゅうり(1位)など。

(マンゴー/写真ACより)

宮崎は某人気プロ野球球団がキャンプを行なうところ。あったかいイメージがありますね。
マンゴーや夏みかんが名産。されも快晴日数が日本一多いと、恵まれた気候ゆえでしょう。
神話の舞台・高千穂や、鬼の洗濯岩・青島、モアイ像のある日南など、観光名所も多数。
個人的にはイモを海水で洗って食べる猿のいる幸島に、とても興味があります。

(高千穂峡/写真ACより)

■新宿みやざき館KONNE

そんな宮崎のアンテナショップが、多くの人で賑わう新宿にあります。
それが「新宿みやざき館KONNE(こんね)」。さすがは快晴の多い県。店名の横に太陽が輝いてますね。

そんな店の前に、お茶を飲む銅色に塗られた男2人。大道芸人かと思うほどリアルな造り。
その正体は、お笑い芸人の「とろサーモン」の銅像でした。宮崎出身なんですね。

やっぱりありました、宮崎が誇る果物、マンゴーと日向夏に関連した商品。
マンゴーキャンディに日向夏ドリンク。宮崎の太陽の恵みを感じられる品々ですね。
 

次に目立ったのが、みやざき地鶏。そうか、鶏も有名ですね。
そして冷や汁。いま一つ、食べ方が分からない。キュウリはインパクトありますよね。
 

さらに、さすがは神話の里。はにわが売ってます。
さらに、恒例の(?)ゆるキャラ。「みやざき犬」だそうです。ヒゲがなんかおじさんっぽい。。。
 

■今日の一品

これだけ魅力的な宮崎の銘菓・名産品の中から、個人的な興味かつその日の気分で選んだ「今日の一品」がこちら。
「鶏のささみくんせい」です。

宮崎県産の若鶏ささみと海塩を使用した一品です。
「酒のお供に」と手にとりました。もちろん、料理のトッピングにもいいですよね。

ノーマルのものと黒胡椒味を購入。さっそくいただきました。
一つずつ真空パックされているので、旨みと風味がそのまま詰められているんですね。
 

かぶりつくと、口の中にぷわぁーっと広がるこんがりとした香ばしい香り。
そんでもって、肉がしっとりとしていてやわらかい!

これは酒が進みます!特に黒胡椒味はヤバイ。日本酒との相性ばっちり。
…もちろん、料理のトッピングにもいいですよね(リプライズ)。

低カロリーで高タンパク。健康にもやさしい一品ですね。
ありがとう、新宿みやざき館KONNE! ありがとう、鶏のささみくんせい!

■基本情報

店名:新宿みやざき館 KONNE(こんね)
住所:東京都渋谷区2‐2‐1 新宿サザンテラス

アクセス:JR新宿駅サザンテラス口徒歩1分
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事