こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ご当地アンテナショップ巡り、茨城県のアンテナショップ「IBARAKI senseに向かいます。

■ご当地アンテナショップ巡り

東京にいながらにして、あの地この地を旅しちゃおう!…いや、旅した気分になっちゃおう!
…という、壮大にして少しけち臭い企画、これが現在展開中の企画「東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り」です。

今日は、茨城県のご当地アンテナショップにでかけます。それは銀座にありました。
その名もIBARAKI sense
ずいぶんとシャレた名前ですね。店内もムチャクチャお洒落でした。

全国を旅するのはなかなかできないけど、東京にあるご当地アンテナショップなら旅することができる。
今日は、銀座から茨城へ、ご当地アンテナショップから、ぶらり旅にでかけましょう!

■茨城県あれこれ

さてさて、茨城に旅した気分になるにあたって、茨城県の基本的なデータを見てみましょう。
※参考:「よくわかる都道府県」(日本博識研究所)2017年1月第5刷

人口は2,931千人(全国11位)。面積は6,095㎡(24位)。
特産物は、メロン(生産量全国1位)、米(6位)、レンコン(1位)など。

関東地方の北東部、人口290万を超える大きめの県・茨城。
だけど、なぜか魅力度ランキング47位…。県の魅力をいかに知らしめるかが目下の課題かな。


(国営ひたち海浜公園)※写真ACより

どんな魅力があるかというと、まず最先端の学園都市・つくば市がある。
世界に誇るHITACHIがある日立市がある。アントラーズで有名な鹿嶋市がある…。

利根川や鬼怒川など水にも恵まれ、農業も盛ん。米が全国6位、メロンは1位。
ご当地グルメは水戸納豆にほしいもに、ピーナッツ、あんこう鍋。ね?魅力たっぷりでしょ?

■IBARAKI sense

さて、そんな茨城のアンテナショップが、銀座にあるIBARAKI senseです。
名前も店内もキラキラ。イメージチェンジを図ってるのでしょうか。茨城の魅力度アップへの決意ありありです。

キラキラの店内に並ぶのは、茨城の素材や技能を生かした地産・物産の数々。
まずは干しいも。おいしいんですよね。おしゃれな贈答用の箱詰めもあります。

さらに名産の納豆!種類も豊富、ずらりと並んでいます。
チョコ納豆なんてめずらしいものも。うーん、チャレンジしたいようなしたくないような…。

他にも新しい土産もいっぱい。アントラーズ最中とか将門煎餅とか。
今どきのもと歴史あるもの。まだまだポテンシャルありそう、茨城。

さらに海の幸も。人気のさば缶も水煮やみそ煮がずらり。
茨城のごちそうが楽しめるレストランも併設。その名も「BARA dining」。これまたお洒落ですね。

■今日の一品

そんな茨城の地産名産の中から選んだ「今日の一品」はこちら。
「どらい納豆」です。

乾燥納豆あるいは干し納豆というのでしょうか。なかなか珍しい一品です。
チョコ納豆には踏み切れませんでしたが、うす塩味のこちらならイケそう。

実際に食べてみると、納豆にはあり得ない、ポリポリとした食感
もちろんネバネバもないし、あの納豆の臭みもない。

ただ、口の中でポリポリしていると次第に納豆の味が広がっていきます。
塩の風味もイイ感じ。これ、納豆嫌いの人も納豆好きの人も気に入るんじゃないかしら。

ちなみに、どらい納豆って、普通の納豆と比べて栄養価が高いんだって。
イソフラボンとかナットウキナーゼといった注目の栄養成分もたっぷり。カロリーが低いのもうれしい。

しかも長期保存が可能なのも魅力の一つ。
栄養たっぷりのカリカリ納豆。これ、ブレークするかも?

ありがとう、IBARAKI sense! ありがとう、どらい納豆!

■基本情報

店名:IBARAKI sense
住所:東京都中央区銀座1-2-1 紺野ビル1F

アクセス:JR有楽町駅から徒歩3分、メトロ銀座一丁目駅から徒歩1分
営業時間:10:30~20:00(レストランは11:00~23:00)※日祝は21:00
定休日:なし

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事