こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ご当地アンテナショップ巡り、兵庫県のアンテナショップ「兵庫わくわく館」にです。

■ご当地アンテナショップ巡り

東京にいながらにして、あの地この地を旅しちゃおう!…いや、旅した気分になっちゃおう!
…という、壮大にして少しけち臭い企画、これが現在展開中の企画「東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り」です。

今日は、兵庫県のご当地アンテナショップにでかけます。
兵庫県のアンテナショップは、有楽町駅前、交通会館の中にありました。
ここって、いろんな地域のアンテナショップがはいってるんですよね。兵庫県のアンテナショップ「兵庫わくわく館」は、その地下にありました。

全国を旅するのはなかなかできないけど、東京にあるご当地アンテナショップなら旅することができる。
今日は、有楽町から兵庫へ、ご当地アンテナショップから、ぶらり旅にでかけましょう!

■兵庫県あれこれ

さてさて、兵庫に旅した気分になるにあたって、兵庫県の基本的なデータを見てみましょう。
※参考:「よくわかる都道府県」(日本博識研究所)2017年1月第5刷

人口は5,558千人(全国7位)。面積は8,396k㎡(12位)。
特産物は、牛肉(生産量全国1位)、手延素麺(8位)、玉ねぎ(10位)など。

兵庫県というよりは神戸市のほうがピンとくる人も多いかもしれません。
神戸の異国情緒あふれる街並みから、おしゃれなイメージがありますね。

ただ姫路や赤穂などの県の西側は治安が悪いと県民も恐れるのだとか。
ほんと?確かに赤穂浪士の故郷だし、血気盛んなのかしら。

グルメは神戸牛をはじめ、タコや明石焼きなどが有名ですね。

■兵庫わくわく館

そんな兵庫県のアンテナショップ「兵庫わくわく館」
入店するや、どーんとありました。タコと明石焼き

淡路島の玉ねぎも有名なんですね。こちらもどーんと置ていました。
そんな淡路島さん玉ねぎを使用した「さよなら涙くん」の隣りに、ブランド「神戸牛」を使ったビーフジャーキー
さらに丹波の黒豆も。兵庫って、意外にブランドの食が多いですね。

魅惑の甘味も陳列されていました。
「1日1万枚売れるラスク」というポップがおどる「神戸モリーママ」
モンドセレクションで金賞を連続受賞しているという「神戸プリン」

どっちも知らなかった…。奥が深いな、兵庫…。

■今日の一品

そんな兵庫の名産・銘菓の中から、選んだ今日の一品がこちら。
「みざん ピリッと爽やかな香りと刺激」です。

見たこともない謎の瓶詰め。「みざん」って何?
ラベルを見ると、「山椒の実 醤油仕立て」と書いてあります。

「みざんのレシピ」を見ると、おにぎりにかけたり、焼き鳥にかけたり、刺身のわさびの代わりに使ったり…。
むむっ!どれもこれも美味しそう…。酒のつまみに良さそうだし…。

…ということで、数ある名産・銘菓の中から、見知らぬ「みざん」を選んだのでした。
ちなみに、製造元のブンセンは兵庫県たつの市にある食品メーカー。地元では知られた存在みたい。
この日も、同社製品ののりつくだ煮「アラ!」を見たお客さんが、嬉しそうに「アラ!があるっ」と買っていかれました。

さてさて、家に帰って、さっそく「みざん」初チャレンジです。
蓋を傘開けた途端に香る、ツーンとした山椒の香り。

粒も思ったより大きいのね…。そういえば、山椒って、粉しか食べたことがないな。
この日は、冷ややっこに「みざん」をふり掛けて、いただきました。

これが、初体験の美味しさです。まさにラベル通りの「ピリッと爽やかな香りと刺激」
結構スパイスが効いています。食べた後しばらく舌に、ピリリと刺激が残ります。

もちろん、酒のつまみにサイコー
醤油不要。ちょっと垂らしても美味しいかも。新しい酒のお供ができました!

ありがとう、兵庫わくわく館! ありがとう、みざん!

■基本情報

店名:兵庫わくわく館
住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F

アクセス:JR有楽町駅から徒歩1分
営業時間:10:00~19:00
定休日:年末年始

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事