こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ご当地アンテナショップ巡り、群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃん家(ち)」に向かいます。

■ご当地アンテナショップ巡り

東京にいながらにして、あの地この地を旅しちゃおう!…いや、旅した気分になっちゃおう!
…という、壮大にして少しけち臭い企画、これが現在展開中の企画「東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り」です。

今日は、北関東の群馬県のご当地アンテナショップにでかけます。
群馬県のアンテナショップは銀座にありました。その名も「ぐんまちゃん家(ち)」
群馬県のマスコットキャラ「ぐんまちゃん」をがっつり前面に出しましたね。

全国を旅するのはなかなかできないけど、東京にあるご当地アンテナショップなら旅することができる。
今日は、銀座から群馬へ、ご当地アンテナショップを通じて、ぶらり旅にでかけましょう!

■群馬県あれこれ

さてさて、群馬に旅した気分になるにあたって、群馬県の基本的なデータを見てみましょう。
※参考:「よくわかる都道府県」(日本博識研究所)2017年1月第5刷

人口は1,984千人(全国19位)。面積は6,362k㎡(21位)。
特産物は、コンニャクイモ(生産量全国1位)、キャベツ(1位)、だるま(1位)、梅(2位)など。

実は、東京から新幹線で1時間、道路網もしっかり整備された街、それが群馬です。
世界遺産となった富岡製糸場は日本初の器械製紙工場。この近代化のさきがけとなった場所が群馬県の富岡市でした。

ただ、いい意味で田舎もあるのが群馬県の魅力。草津温泉や伊香保温泉など、人気の温泉地も多数あります。
嬬恋村のキャベツ畑はぜひ行ってみたい。国内のキャベツの約半分がここで採れているのだとか。

■銀座熊本館

そんな群馬の地産・名産を集めたアンテナショップが「ぐんまちゃん家(ち)」です。

店内はぐんまちゃんがいっぱい。
ぐんまちゃんグッズに、ぐんまちゃんをあしらった菓子。

群馬の野菜直売所「ぐんまちゃん家のワゴンマルシェ」なんてのも出店していました。
キャベツもレタスも美味しそう…。

水沢うどんや焼きまんじゅうも群馬県の郷土料理。
さらに、下仁田ねぎやこんにゃくの惣菜品もずらり。酒の肴に良さそう…。喉が鳴ります。

  

■今日の一品

そんな名産・銘菓の中から、選んだ今日の一品がこちら。
「ねり梅」です。

実は、群馬は隠れた梅の産地
「梅どころ」というのでしょうか。全国生産量が和歌山に次いで2位なんですね、群馬は。

中でも、今回購入した「ねり梅」は自然農法にこだわった逸品。
群馬山麓で土づくりからこだわり、化学合成農薬や化学肥料を使わずに栽培した梅を原料としています。

味は2種類。「しそねり梅」「白ねり梅」
富岡製紙場のある富岡市で造られているんですね。富岡製糸場の女工さんたちも食べたのかしら。

まずは白米ににゅぅっ。冷ややっこににゅぅっ。お新香ににゅぅっ。。。
いろいろと試しましたが、なんでも合うわ。結構、味が濃いから、少量でオーケー。
口のなかがスッキリして、食が進みます。もちろんお酒も進みます(苦笑)。

あまり群馬って、梅のイメージないけど、これはイケる!意外な発見でした。

ありがとう、群馬! ありがとう、ぐんまちゃん!

■基本情報

名称:ぐんまちゃん家(群馬総合情報センター)
住所:東京都中央区銀座7-10-5 The ORB Luminous 1・2階

アクセス:東京メトロ「銀座駅」徒歩4分、同「東銀座駅」徒歩5分
営業時間:11:00~19:00 ※レストランは11:30~22:00(日祝は15:00まで)
定休日:無休(年末年始を除く)

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事