こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ご当地アンテナショップ巡り、福島県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館MIDETTE」に向かいます。

■ご当地アンテナショップ巡り

東京にいながらにして、あの地この地を旅しちゃおう!…いや、旅した気分になっちゃおう!
…という、壮大にして少しけち臭い企画、これが現在展開中の企画「東京で諸国旅気分!ご当地アンテナショップ巡り」です。

今日は、東北の最南端・福島県のご当地アンテナショップにでかけます。
「日本橋ふくしま館MIDETTE」。その名の通り、日本橋にありました。

全国を旅するのはなかなかできないけど、東京にあるご当地アンテナショップなら旅することができる。
今日は、日本橋から東北・福島へ、ご当地アンテナショップから、ぶらり旅にでかけましょう!

■福島県あれこれ

さてさて、福島県に旅した気分になるにあたって、その基本的なデータを見てみましょう。
※参考:「よくわかる都道府県」(日本博識研究所)2017年1月第5刷

人口は1,946千人(全国20位)。面積は13,782k㎡(3位)。
特産物は、夏秋きゅうり(出荷量全国1位)、桃(生産量全国2位)、米(7位)など。

震災復興の歩みを着実に進める福島県。
TOKIOのDASH村もその被災エリアにあったことも知られています。


DASH村開拓記

そのTOKIOも美味しさを宣伝していた米や桃など、農産物の宝庫
スパリゾートハワイアンズや白虎隊で有名な会津など、観光資源も豊富です。
魅力いっぱいの福島。もっともっと元気になってほしいですね。

■日本橋ふくしま館

そんな福島県のアンテナショップが「日本橋ふくしま館MIDETTE」です。
「MIDETTE(ミデッテ)」は、「見てね、来てみてね」を表す福島弁ですね。

入り口を入ると、どーんとありました、福島産の米。さすがは米どころ、福島。
そして、その米を原料とする日本酒もどーんと陳列されています。
福島は酒どころでもあるんですよね。好きな銘柄もいっぱいあります。

 

さらにラーメンどころでもある福島。喜多方ラーメン、美味しいですよね。
海の幸に、山の幸。見てるだけでお腹がすいてきます。

 

民芸・工芸品もいっぱいです。会津塗のお椀、美しいです。
これでご飯食べたら美味しさ倍増かも。

 

■今日の一品

さて、そんな福島の名産・地産の中から選んだ「今日の一品」がこちら。
「チョコままどおる」です。

福島の銘菓「ままどおる」のチョコレート味。期間限定品です。
本家「ままどおる」、好きなんですよねぇ。あのやさしいミルク味。思わず顔がほこるぶ味です。

そのチョコレート味とやらが売られていたので、迷わずゲット。
さっそくいただきました!

パクリとかぶりつくと、口の中に広がるチョコレートの風味。
思いのほか餡がしっかり。白餡とチョコがぎゅっと詰まった感じです。

それをやさしく包むのが、「ままどおる」伝統のしっとりとした皮
皮にもチョコがまぶされてるんですね。


三万石 チョコままどおる(Amazonより)

10月~5月までの期間限定なのは、チョコが溶けちゃうからなのかな。
この時期は、ミルク味とチョコ味の2つを買ってしまいそう…。

ありがとう、福島! ありがとう、チョコままどおる!

■基本情報

店名:日本橋ふくしま館MIDETTE
住所:東京都中央区日本橋室町4-3-16 柳屋大洋ビル 1F

アクセス:JR新日本橋駅から徒歩1分、東京メトロ三越前駅から徒歩3分
営業時間:(月~金)10:30~20:00、(土日祝)11:00~18:00
定休日:無休(年末年始のみ休み)

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事