こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、映画「シン・ゴジラ」の破壊の足跡を辿る旅、聖地巡礼ならぬ「シン・ゴジラ爆地巡礼」第5弾、ゴジラ第3形態が発現した場所を探ります。

■第3形態に進化

ついに上陸した巨大不明生物は、蒲田の街を壊滅させると、高層ビルが建ち並ぶ品川に侵攻します。

あるマンションの一室では親子が逃げる準備をしています。「ママ、急いで!」。
そのマンションに巨大不明生物が身体ごと寄りかかります。倒壊していくマンション…。「きゃー!」。

未曾有の事態に官邸が自衛隊の緊急出動を議論していました。
そのとき、破壊の行進を続けていた巨大不明生物が突然、動きを止めます。

そしてそこで、あり余るパワーを発散するように、身体を垂直に立ち上がらせます。

「すごい。まるで進化だ」
矢口をも唸らせる、2足歩行形態への急激な変化。
ゴジラ第3形態…。ついにゴジラが、2本足で、東京の地に立ちました…。

■北品川アパート

おそるべき破壊の大行進。巨大不明生物は、自動車も建物も目の前にある全てを押しつぶして進みます。

映画のシーンで巨大不明生物に覆いかぶされるようにして潰される高層マンションが品川にあります。

現実の建物は都営住宅北品川アパートでした。本当に実在していたんですね…。

逃げ遅れた家族は哀れでしたが、マンションから続々逃げ出す住民たちも命からがらです。
北品川駅前の歩道橋。数多くの市民が駆け上がりました。

同じく北品川駅近くの踏切。巨大不明生物から少しでも離れようと、市民らが我先に走って横断しました。

■聖地・船着場

そしてついに、私たちに馴染みの2本足で立つゴジラ第3形態が姿を現します。
映像を見る限り、その進化を遂げた場所は、品川にあるこの船着場付近と推察されます。

実はこの船着場は、1954年に公開された第1作「ゴジラ」が上陸した、ゴジラファンにとってはたまらない聖地。
ここで馴染みのゴジラの姿に進化させる辺り、庵野監督ら映画スタッフのゴジラ愛を感じます。

北品川駅の前の案内板には、「ゴジラ上陸地点」の文字とかわいいゴジラの絵が。

■聖地決戦

初代ゴジラ上陸の聖地で第3形態に進化したゴジラ。
矢口を驚嘆させた、神々しいまでにほとばしるパワーをもって、都心への侵攻を再開します。

官邸内では、自衛隊の出動をめぐって喧々諤々の議論がなされます。
自衛隊に武力行使を認める法解釈とは?この辺の描写はじれったいながらもリアルで映画を盛り上げます。
庵野監督のこだわりなのかしら?実際に政府関係者にもヒアリングしたというから説得力がありますね。

いよいよ物語は前半の山場に入ります。次回はついに品川決戦です!

つづく。

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事