「 歴史・史跡 」一覧

歴史・史跡に関する記事

歴史を動かす生麦事件、その現場は今!?鉄道開業の10年前、ここ生麦の地で何が起きたのか?

歴史を動かす生麦事件、その現場は今!?鉄道開業の10年前、ここ生麦の地で何が起きたのか?

日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 ■日本橋からの距離標識 鶴見から横浜に向かいます。 第一京浜・国道15号線を歩いていると、こんな標識を見つけました。 日本橋から24キロ。 旧東海道の名残なのでしょうか。 さすがに汐留の「0哩(マイル)標識」からの距離を示す標識はありませんが、距離...

ボスも眠る総持寺は荘厳な大本山。鶴見中継所からゴールに向けてタスキをつなぐ?ついに横浜!鶴見エリアを歩く。

ボスも眠る総持寺は荘厳な大本山。鶴見中継所からゴールに向けてタスキをつなぐ?ついに横浜!鶴見エリアを歩く。

日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 ついに神奈川県に突入した「歩くたび」。川崎から鶴見に向かいます。 ■鶴見中継所 懐かしの川崎球場に続き、鶴見にもスポーツファンにはしびれるスポットがありました。 「鶴見中継所」。 新年の箱根駅伝でたすきリレーが行なわれる中継ポイントですね。 ...

思い立って東京十社巡り。春日局も祈願した王子神社へ。境内には髪の神さまも!?

思い立って東京十社巡り。春日局も祈願した王子神社へ。境内には髪の神さまも!?

こんにちは。夢中図書館へようこそ! 館長のふゆきです。 現在進行中の、日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 その途中で立ち寄った品川神社で出会った「東京十社巡り」という魅力的なワード。 今回は、「歩くたび」から大きく廻り道をして、その「東京十社」の一つ、「王子神社」に行ってまい...

歩くたびは大森駅へ。有名な大森貝塚は二つある!?縄文時代に思いを馳せると思い浮かぶのは、あのアニメと歌…?

歩くたびは大森駅へ。有名な大森貝塚は二つある!?縄文時代に思いを馳せると思い浮かぶのは、あのアニメと歌…?

日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 前回、品川歴史館で衝撃の事実に出会いながらも、歩みを止めることはありません。 次の駅、大森駅に向けて、一歩一歩、着実に進んでいきます。 ■2つの大森貝塚 さて、「大森」と言えば思い浮かぶのは「大森貝塚」ではないでしょうか。 教科書に出てましたよね、貝塚。...

ジブリのポニョを思い起こす鯛の群れ。青い海と心地よい風に癒される「鯛の浦」。千葉外房小湊の旅。

ジブリのポニョを思い起こす鯛の群れ。青い海と心地よい風に癒される「鯛の浦」。千葉外房小湊の旅。

今回の街あるきは、春の陽気に誘われて、ちょっぴり遠出。 千葉外房、安房小湊におでかけしてきました。 ■世界も注目する「鯛の浦」 前から興味のあった「鯛の浦」。 船に乗って、海の上をぶら歩きです。 鯛の浦。その名の通り、マダイの生息地です。 マダイは本来深い層を回遊する魚なので...

日本ではじめた鉄道が走った区間を歩くたび。ちょっと立ち寄った「品川歴史館」で明かされる衝撃の事実!150年前の品川駅は実は…!?

日本ではじめた鉄道が走った区間を歩くたび。ちょっと立ち寄った「品川歴史館」で明かされる衝撃の事実!150年前の品川駅は実は…!?

日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 今回の注目スポットは、大井町から大森に向かう途中の「品川歴史館」です。 ■品川歴史館 街あるきでちょっと困るのはトイレ。 ちょうど道沿いにこの建物があったので、何の気なしにちょいと立ち寄りました。すると、衝撃的な事実が。。。 歴史...

若き坂本龍馬が戦わんと対峙した相手はペリーの黒船。その衝撃は龍馬と日本を動かした!浜川砲台、20歳の龍馬を変えた街を歩く。

若き坂本龍馬が戦わんと対峙した相手はペリーの黒船。その衝撃は龍馬と日本を動かした!浜川砲台、20歳の龍馬を変えた街を歩く。

日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 山手線の外側に出て一駅。ようやく大井町にたどり着きました。 大井町駅に隣接して、山手線の車両基地があります。 鉄道好きにはたまりませんね。タモリさんもぶら歩きしてるのかしら? ■若き坂本龍馬像と浜川砲台 さて、そんな山手線の車両たちを...

激動の幕末維新を走り抜けた「長州ファイブ」。その1人は日本の鉄道の父だった!井上勝が眠る東海寺の墓所は、まさに鉄道の…?

激動の幕末維新を走り抜けた「長州ファイブ」。その1人は日本の鉄道の父だった!井上勝が眠る東海寺の墓所は、まさに鉄道の…?

日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 品川を出て大井町に向かいます。品川神社を過ぎた少し先に「東海寺」があります。 ■東海寺 東海寺は、徳川3代将軍家光が創建の由緒あるお寺。 ‥なのですが、この旅に出るまではまったく知りませんでした。 観光地でもないから休日の午後でも閑散...

源頼朝が!徳川家康が!そのご利益は歴史が証明済み?東京十社の一つ「品川神社」を参拝。旅はついに山手線の外側へ!

源頼朝が!徳川家康が!そのご利益は歴史が証明済み?東京十社の一つ「品川神社」を参拝。旅はついに山手線の外側へ!

こんにちは。夢中図書館へようこそ! 館長のふゆきです。 日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 ようやく品川駅に到着しました。 ここから、山手線の外側に出て行きます。 ■品川神社 品川駅を南下して程なくすると、右手になにやら由緒正しき建物が。 その名も品川神社。名前も大...

♪右は高輪泉岳寺、四十七士の墓どころ、雪は消えても…。日本人の心を捉える忠臣蔵・赤穂浪士の墓前に梅の花。品川泉岳寺を歩く。

♪右は高輪泉岳寺、四十七士の墓どころ、雪は消えても…。日本人の心を捉える忠臣蔵・赤穂浪士の墓前に梅の花。品川泉岳寺を歩く。

日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 間も無く品川にたどり着くところ。その少し手前に「泉岳寺」があります。 ■泉岳寺 鉄道唱歌にも歌われているこのお寺。こんな風に歌われています。 右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ 雪は消えても消え残る 名は千載の後までも そうです。ここは...

明治の文明開化の香りただよう慶應義塾大学。創設者の福沢諭吉は実は…。

明治の文明開化の香りただよう慶應義塾大学。創設者の福沢諭吉は実は…。

日本ではじめて鉄道が走った区間を歩くたび。 田町を越えて、品川へ向かいます。 ■福沢諭吉 田町駅のほど近く、慶應義塾大学の三田キャンパスがありました。 ちょいと立ち寄ります。 言わずと知れた名門大学。 「学問のすゝめ」でお馴染みの、福沢諭吉翁の創設です。 この福沢諭吉、生まれた...

緊迫の維新前夜!江戸の運命はこの地でその前日に決められた!屋形船も隠れた史跡も新しい発見も。浜松町から田町をあるく。

緊迫の維新前夜!江戸の運命はこの地でその前日に決められた!屋形船も隠れた史跡も新しい発見も。浜松町から田町をあるく。

今回の「夢中」は、浜松町駅から田町駅までの街あるき。 今からさかのぼること150年、日本ではじめて鉄道が走った新橋駅から横浜駅までを歩く。 そんなマイ・ブームのたびの途中です。 ■都心のなかにある水運拠点 浜松町から田町を歩いていくと、川に船が多数停めてあります。 そうか。...

大都会のオアシス「旧芝離宮恩賜公園」。もともとは「暴れん坊将軍」の生みの親のお屋敷だった?江戸の風流が残る水と緑の庭園は最高のパワースポット!

大都会のオアシス「旧芝離宮恩賜公園」。もともとは「暴れん坊将軍」の生みの親のお屋敷だった?江戸の風流が残る水と緑の庭園は最高のパワースポット!

日本ではじめて鉄道が走った区間、新橋から横浜までを「あるく」たび。 すでに出だしでくじけてひと休み。 個人的な好みなんですが、街あるきが趣味ながら、「都心部」の街あるきが苦手なことに、今さら気づきました。 ■旧芝離宮恩賜公園 ちょっとリフレッシュするために、旧芝離宮恩賜公園へ。 浜松町...

旧新橋停車場を出発。巨神兵ビルやからくり大時計の間を抜けて浜松町に向かう。オンリー・マイ・ブームのたび。

旧新橋停車場を出発。巨神兵ビルやからくり大時計の間を抜けて浜松町に向かう。オンリー・マイ・ブームのたび。

今からさかのぼること150年、日本ではじめて鉄道が走った新橋駅から横浜駅までを歩く。 いま、そんな街あるきに「夢中」です。 もちろんマイ・ブーム!残念ながらオンリー・マイ・ブーム! ■巨神兵ビルと日テレビル 今回は、旧新橋停車場から浜松町に向かいます。 旧新橋停車場の「0哩(ゼロマイル...

150年前の新橋・汐留に響く、出発進行の汽笛。旧新橋停車場「0哩(ゼロマイル)標識」から鉄道も日本も君も(?)出発進行!

150年前の新橋・汐留に響く、出発進行の汽笛。旧新橋停車場「0哩(ゼロマイル)標識」から鉄道も日本も君も(?)出発進行!

今回の「夢中」は、新橋・汐留エリアを街あるき。 目的地は「旧新橋停車場」。 今から約150年前の1872年(明治5年)、日本ではじめて鉄道が開業した場所です。 ■いまの新橋駅 まずはJR新橋駅に。駅前には、鉄道発祥の地らしく、SL広場があります。 新橋というと、鉄道発祥の地...

続・両国街あるき。勝海舟と芥川龍之介も暮らした街。ゆかりの地はいま?

続・両国街あるき。勝海舟と芥川龍之介も暮らした街。ゆかりの地はいま?

両国街あるき、実は、まだまだ「夢中」ポイントがあったんです。 当時の86分の1スケールの吉良邸跡を訪問した後、さらに近隣をぶら歩きすると、 この吉良邸跡の近くには、ほかにも偉人の史跡がありました。 ■勝海舟 生誕の地 まずは、勝海舟の生誕の地。 いまは公園になっていて、子供たちがに...

赤穂浪士の「決死」の舞台は今は86分の1。将軍も寵愛した吉良義央はなぜ切られたのか?街あるきの穴場「両国」を歩く!

赤穂浪士の「決死」の舞台は今は86分の1。将軍も寵愛した吉良義央はなぜ切られたのか?街あるきの穴場「両国」を歩く!

両国国技館で有名な両国の街を歩いてきました〜。 両国と言えば、日本の国技である相撲の聖地、両国国技館のお膝元。 いま、若貴以来の相撲ブームが来てるみたい。 11年ぶりの日本人横綱も誕生しましたしね。おめでとう、稀勢の里! ■吉良邸は両国にありました でも、今回は相撲を見に来...

この神社がなければ秋葉原はホムスビハラになっていたかもしれない?台東区の「秋葉神社」を歩く。

この神社がなければ秋葉原はホムスビハラになっていたかもしれない?台東区の「秋葉神社」を歩く。

今回の街あるきは、台東区は浅草にほど近い、松が谷にある「秋葉神社」に向かいました。 なんでここに行こうと思ったかというと、最近マイブーム的に活躍中の「台東区神社マップ」にリストアップされていたから。 その名前に興味を持ちました。「秋葉」…?なにやら心当たりがありますよね。。。 とにもか...