一度は訪れたい世界の絶景「ネモフィラの丘」。美しい瑠璃色の花景色。国営ひたち海浜公園を歩く。

今日の夢中は、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」として注目の「ネモフィラの丘」。
茨城県の国営ひたち海浜公園におでかけです。

■ネモフィラの丘

国営ひたち海浜公園は、茨城県を代表する観光スポット。
200haという広大な園内には、花畑や大草原、遊園地やサイクリングコースもあり、楽しさ満載です。

ただ、ゴールデンウィーク前後のこの時期、訪問する人たちのお目当てはこれでしょう。
死ぬまでに行きたい!世界の絶景、ネモフィラの丘

約450万本のネモフィラが、園内の「みはらしの丘」を埋め尽くします。
そこはまるで、瑠璃色のじゅうたん。

美しい幻想的な光景が目の前に広がり、ことばを失います。

青い花のじゅうたんに青い空、そして青い海も間近にひろがります。

奥に見えるのは遊園地の観覧車。
家族連れは、ネモフィラを楽しんだ後は遊園地で楽しめますね。

■花畑と遊園地

ちなみに、園内はネモフィラだけでなくチューリップや藤の花も、きれいに咲いていました。

特に、菜の花とネモフィラのコラボはこの時期ならではの絶景です。
菜の花畑からネモフィラの花畑へ、黄色と青の散歩道。気持ちいいですね。

観覧車が見えていたとおり、プレジャーガーデンエリアには遊園地もあります。
ファミリーゴルフやサイクリングも楽しめますよ。家族連れに人気のエリアですね。

■ネモフィラ豆知識

ネモフィラ。
和名は「ルリカラクサ」。やっぱり瑠璃色が名前についてますね。
英語では「baby blue eyes」と呼ばれるみたい。赤ん坊の青い瞳。これまた素敵なたとえですね。

属名の「Nemophila(ネモフィラ)」は、ギリシャ語で小さな森を意味する「nemos」と愛するを意味する「phileo」が語源。
「森を愛する」という語源のとおり、明るい太陽のもと、丘一面を埋め尽くすネモフィラ。
訪れる人の誰もがこの花を愛さずにいられません。

瞳も心も癒される、素敵な瑠璃の花の散歩道でした。
ありがとう、ひたち海浜公園!ネモフィラの丘!

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


徒歩の旅ランキング