浅草七福神めぐり③ 神に願うは恋愛成就?招き猫も応援します。今戸神社を歩く。

浅草七福神めぐり、2つめは今戸神社です。

■今戸神社

最初に訪れた待乳山聖天からほど近く。約250メートル歩くと、七福神の一神「福禄寿」を祀る「今戸神社」にたどり着きます。

この今戸神社は、縁結びの神社として知られています。
福禄寿のほかに、イザナギノミコト・イザナミノミコトの夫婦の神を祀っていることから、縁結びにご利益があると有名になったようですね。

恥ずかしながら、そんなゆかりは知らなかったんですけど、みんな恋愛成就への願いが強いのでしょうね。当日も若い女子がたくさんいました。
願いが叶うといいですね、

また、今戸神社がある今戸は、招き猫発祥の地だそうです。
確かに、境内にはさまざまな招き猫が置かれています。 猫好きにはたまらないかも?

■沖田総司終焉の地

ここにも、思いがけないトリビアな史跡がありました、
ここは、新選組沖田総司の最期の地だそうです。

沖田総司が結核を患っていたのは有名ですが、彼を診ていた松本良順が、この今戸神社を仮の住まいとしていたことから、総司の最期を看取ったとされているようです。

ほんと、東京にいながら、はじめて知ることが多い街あるきになりました。。

さて浅草七福神めぐりは、まだ2つ目ですが、ここでもいただきました!福禄寿の御朱印。とっても嬉しい!

ありがとう、福禄寿さま!

続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


徒歩の旅ランキング